2012年3月20日レッドバンク・ワイナリーの風景





レッドバンクワイナリーは、1973年、ニールとサリー夫婦がカベルネ・ソヴィニオン、シラーズ、カベルネ・フラン、メルロー、マルベックを植えた時から始まりました。現在は約50エーカー(約6万坪)の農園で、シングル・ヴィンヤードです。

農園の風景もご紹介したいです。これは、「池」と言わずに、「ダム」と言っています。


このハウスは、40年前に、ニールが自分で作業を始めた最初の鍛冶屋ハウスです。ここで、金具を作り、敷地の木を切って材木を作り、自宅とワイナリーの建物を作ったのです。
×

新着情報

グループから探す

>